フォト
無料ブログはココログ

2018年6月15日 (金)

引越し

今日の往診は、94歳のおじいちゃん。
近々遠方に引越しのため、最後の治療をさせて
いただきました。数年来、お世話になりました。
元々、浜育ちで、数年前に札幌の高齢者住宅に
来られました。
ですから、浜での生活のお話が豪快で、毎回驚く
ようなエピソードも治療しながら伺いました。
戦時中の話になると、もう止まりません。
自分の祖父の姿に重なり、色々教えていただきま
した。
どんな仕事でも、出会いや別れはありますね。
新しい所でも、どうかお元気でいてもらいたいです。
高齢者住宅施設の外に出たら、かすかに私を呼ぶ声に
振り向くと、部屋の窓から手を振るおじいちゃん‼︎👴
改めて、寂しさと感謝の気持ちで、施設を後にしました。


2018年6月 7日 (木)

子育て

我が家の子供達も、高2. 中3. 中1. 年長さん、となり、
当たり前ですが、成長しています。
最近は色々大変で、 経済的なことはもちろんですが、自分の部屋が
欲しい、1人の時間が欲しい、など、訴えてきます。
大きな家ではないので、部屋数もないので希望通りにはいきません。
兄弟それぞれ性格が違うので、尚更お互いぶつかることが、日常茶飯事です。
親である私たちも自分のことで手一杯。
というか、ほとんど妻が子供達の相手をしています。
もっと私自身も子供達に向き合わないといけないんですよね。
ああ〜、毎日毎日が、大変です!!苦笑

2018年5月21日 (月)

いのち

最近、芸能人の訃報が続いていますね。

私の祖母も、先日94才で亡くなりました。

ひとは、生まれたらいつかは必ず死ぬ というのは自然の道理

なのでしょうが、健康なうちは他人事と思っている自分がいます。

この間、スマホのYouTubeのおすすめに出ていた「Tokyoマグニチュード8.0」

をみました。数年前のアニメ動画みたいですが、11最終話では、涙が溢れ

てしまいました。(アニメはジブリだけっだた自分でしたが。。)

東京に住んでいる姉弟二人がお台場のロボット展に行った日、M8.0の大地震

に遭い、偶然知り合った女性と自宅を目指す話です。

予想外の結末に、いのちについて改めて考えさせられました。

日常の当たり前と思うことも、永遠ではないこと。

だから生あるうちは、どう生きていくか。

毎日、いろいろな症状で苦しんでいるの患者さんに対して、自分が出来る

ことをしっかりやっていかないと。

ここ数日そんなことを考えておりました。

2018年5月 4日 (金)

5月

あっという間にGWに突入しておりますね。

先日、久しぶりに次男とキャッチボールしました。

50代となった身体。運動不足もありますが、まともに

投げられたのは最初の10球まで。

その後、黄色点滅から赤色点灯!!  ウルトラマン~(^_^;)

肩が痛くて、下手投げ(ソフトボールのピッチャーみたく)で対応。

予想以上に老体化していました。。。

これまた、自己治療必要ですね。

最近、天気が悪いですが、ポットに種植えしたのが発芽!!

えんどう、いんげん、バジル、ベビーリーフ。

加えて、患者さんからいただいた、みず菜、春菊、サニーレタス・・・。

あとは、ミニトマト、キュウリ、ナス、ししとうもやってみたいのですが、

狭い庭ですので、考えてやらないと。でも、それが楽しいんです!!

菜園を通して天の気・地の気をいただいて、治療に生かせるよう

しっかり頑張ります(^-^)!!

2018年4月19日 (木)

自然治癒力

先週の風邪はすっかりよくなりました。

気がつけば、間もなくGWなんですね。

今年になってまだ一度も土をいじっていません。

「休みの日は寒かった」とか、「仕事が忙しかった」とか

「体調が悪かった」など言い訳をしています。

土を踏みしめ、土をいじることで、ヒトは元気になるそうです!!

生活の中で身体にたまる静電気を放出してくれたり、天の気・地の気を

取り込めるからとか。

落ち込んだりした時は、なおさら良いそうです。

土起こしと、タイヤ交換は何としても今週末に実行します!!

帯津良一先生の本を改めて読んでみました。

自然治癒力を一言でいえば、

「人間が持っている秩序を整える力。からだに異常が起きれば、

これを正常な形に戻そうとする力。」

でも、現代科学的解明はされていない。*免疫については、かなり解明されて

きているそうです。

免疫力が低下していない(NK細胞の活性化)のに、がんになる現実を考えると、

それは自然治癒力(自己治癒力)が弱っていることなのではないか・・・。

この自然治癒力は、心 や 意識 の働きと密接に関係しているようで、

ストレスが過剰に溜まると、その能力が落ちるとのこと。

自然治癒力を高める三つの要素

①心を安定させる(必ず今の病気は治るという信念)

②食べ物(基本的には植物性のものをベースに)

③気を高める(→治癒力を上げる)

何より大切なのが、自然治癒力を信じ切り、揺るがない心、

気持ちを持ち続ける~

本人自ら病気を治そうという強い意志が必要で、まわりのサポート

も必要(家族や医療者の理解・協力)だそうです。

病気を治すのは、あくまでも治りたいと思う本人の意思であり、

医者や薬が治すものではないと。

(治癒力を高めるキーワード)

・楽観主義、積極的は病気を遠ざける

・イライラ、カリカリは大敵

・精神的抑圧を長期間受けると治癒力を奪う

・ストレスをストレスと感じなくなったら要注意

・適当に真面目で、適当に不真面目で!!(息抜きも必要)

・健康食にこだわらず、美味しく食べる こと(心身ともにリラックス・楽しくおいしく)

・ほろ酔いのすすめ!!(適量で、楽しく)

「心の安定」や、「食べ物」については本人が頑張ってみましょう。

最後の「気を高める」は、私達鍼灸師の力にかかっていることです。

経絡治療の目的は、まさにここにあると思います。

病気にならないための免疫力と、病体から健康体

へ戻そうとする自然治癒力。どちらもなくてはならないものです。

薬では解決できない状況でお困りの方、是非鍼灸の経絡治療を

受けてみてください。

2018年4月12日 (木)

ダウン

先週末に風邪をひきました。

年に一度は必ず風邪にやられるのですが、今回は2~3日ダウン中に、

体重が3キロ減!!

今までここまで減ることはありませんでしたので、ビックリしました。

昨日から仕事に戻りましたが、なんとなく地に足がついていない感覚で、

施術者としての仕事に影響しないよう、昨日夜、自己治療。(本治法;肝虚脾実)

おかげで、今日の午後からの往診4名の患者さんには、集中して治療にあたれ

ました。

毎日の自己治療・・・。

師匠である先生からの 「鍼灸師であるならば、毎日の自己治療で

自己の体調を管理することは当然なことですよ」 が頭をよぎりました。

患者さんにベストな状態で臨むという、当たり前のことに対して、

意識が不十分だったと反省です。

まだまだですね。(^_^;)

2018年4月 2日 (月)

4月

早いもので、もう4月に入りました。

今日は、三男の中学入学の受付日でした。入学式の前に、本人が学校に

出向いて、説明を受けてきたようです。

往診で移動中にも、あちこちで新中学生がリュックを背負っている姿を目に

しました。期待と不安があるでしょうが、みんな元気に頑張って欲しいです。

この時期は、今までの長い冬が終わり、気持ちは、さぁ~動き出すぞ~ と、

心新たにするものですね。

でも、身体はまだ準備出来ていないため、心と身体のバランスが崩れて体調を

崩しやすいです。

この4月は、これから春~夏へと向かうための準備期間と考えて、あせらずに

ゆったりと過ごしたいものです。

昨年の秋・冬の疲れも今頃になって、色々な症状として身体に出てきますので、

そういう時こそ、はりきゅうで自己免疫力を上げて、自分自身の力で回復させる

ことが大事です~!!

気温がだんだん上がってきますが、くれぐれもお腹を冷やないよう、薄着や食事にも気を

付けましょう。(^-^)

2018年3月23日 (金)

卒業式

先日、三男の卒業式でした。

勉強はまるっきり・・・・ですが、ブラスバンドでは先生や仲間のおかげで

何とか頑張ったんじゃないかなと思います。(^_^;)

式では、卒業生が在校生に、そして在校生が卒業生に贈る合唱

があり、どの子も一生懸命肩を大きく動かしながらきれいなハーモニーを

奏でていました。この子達の未来にたくさんの幸せがありますように・・・と、

目がうるんでしまいました。

これからも人生の中で、多くの区切りを通過して、成長していくんですね。

私の区切りである、毎年の確定申告の手続き・・・・・・・

本日、無事? 終わりました。     

今日はビール飲んで、また明日からがんばります!!

2018年3月15日 (木)

臓腑と七情

治療を開始してから5ヶ月目。

手足の冷えと頸部痛を訴える患者さん。

最近、ようやく手の指先があたたかくなってきたとのこと。

毎回、治療の効果が感じられず、こちらもこんなに頑固な原因

を探るのに四苦八苦しておりました。

長年の仕事環境、生活環境、体質、性格、・・などを伺っており

ましたが、後になってから過去のトラウマに悩まされているとのお話

をしてくれました。その方の場合は、暴力を受けてきたことによる恐怖心

でした。

東洋医学では、人間の感情を「七情」で説明されています。

そして、それが人間の臓腑器官と密接につながっていて、度を越えたもの

は病状として、体にあらわれます。

*怒れば気は上る・・・・・・・・・・肝

*喜べば気は緩む・・・・・・・・・・心

*悲(憂)しめば気は消える・・・肺

*恐れれば気は下る・・・・・・・・腎

*驚けば気は乱れる・・・・・・・・腎

*思えば(思い悩めば)気は結す(固まる)・・・・・脾

臓腑にある気血の機能に変化をおよぼすということです。

精神の保養に注意を払い、精神的刺激を除外することが

出来れば、本来の臓腑機能の回復へとつながります。

治療を通して、患者さんの精神的苦痛を取り除くことが、身体の

頑固な症状を改善へと導く。。。

それまでの治療では、隠れていた七情の問題を捉えきれていませんでした。

まだ身体全体の冷えは頑固に存在しておりますが、少しずつ気血

が動き出したので、楽になっていく部分が増えていくように、しっかり

治療を行ってまいります。

2018年3月 8日 (木)

菜園

患者さんで、最近まで現役の大工さんがいらっしゃいます。

70才を過ぎ、無理が重なり身体はあちこち大変で、定期的に

治療させていただいております。

時間ができた分、家庭菜園に力を入れ、昨年は見事にたくさんの

野菜やお花がお庭にびっしり実りました。

治療後に、庭に出て、野菜作りの勉強をさせていただきました。

種から、土、肥料、などなど。経験豊富にもかかわらず、毎回

新たな工夫を欠かさず、謙虚に、その姿勢に感服してしまいました。

自分も、春になると、今年こそは菜園がんばるぞ!!と、決意するの

ですが、なかなか進まず中途半端でここ数年過ぎております。

出来ない、うまくいかないのはやはり、情熱が不足しているからです。

それでも、土をいじっていると、身体と心の疲れが取れるんですよね。

素直に謙虚に、仕事も同じですがどうすればうまくいくか思い続ける

こと。今年は、頑張ります。(^.^)/~~~

«3月なのに