フォト
無料ブログはココログ

« 脊柱管狭窄症 | トップページ | 冬という季節 »

2018年2月 8日 (木)

皮膚の反応

現在、当院では腰・膝・肩の痛みやこりの治療の他に、うつ、精神不安症、

耳鳴り、めまい、複視、帯状疱疹後神経痛などの治療をおこなっております。

いずれも、治療アプローチは、問診から脉・腹診を経て本治法をおこない、

身体全体のバランスを整えた後、標治法をおこないます。

治療の量は、脉はもちろん皮膚の状態が教えてくれます。

気が充実したら終了となります。

あくまでも、鍼とお灸のみです~

充実した状態の皮膚は、治療前のそれとは全然ちがうことに、

毎回施術している自分が、すごいなと感じるほど明確に反応

します。

脉や皮膚の変化が治療を導いてくれる、、、ヒトの身体のすごさに

改めて感心する毎日です!!(^-^)

« 脊柱管狭窄症 | トップページ | 冬という季節 »

東洋医学」カテゴリの記事