フォト
無料ブログはココログ

症状_

2018年1月28日 (日)

脊柱管狭窄症

先週、いつもお世話になっている高齢者住宅から急患の連絡があり、

急いで伺いました。80代女性で、腰の痛みが強く、顏の表情から苦しさが

わかりました。本人はもともと腰痛があったようですが、突然痛み出したとのこと。

整形でレントゲンは問題なし、MRIで腰部脊柱管狭窄が判明。

ブロック注射で一時落ち着いた後に、痛みがまた強くなったとのこと。

本人が鍼灸が初だったこともあり、全身が緊張で硬直しておりました。

本治はせずに、患部の腰背部から頸部にかけての実所見や虚に対応する

接触鍼で身体の緊張を緩めた後、虚部には棒灸を使ってゆっくりやさしい温度で温め

その日は終了。本人の鍼灸イメージからは予想外だったようで、大変心地よかったとのこと。

それから、日を置かずにほぼ毎日伺い、3回目から痛みが少しずつ減少、

顏の表情もやさしいものに変わっていきました。

治療内容も脈診による本治法の後、標治法を行っています。

6回目の本日、自分自身で寝返り転換しても痛みがなくなり、本人の口数も

多くなり、笑顔が見れて、こちらもほっといたしました。

まだ、起立歩行までは時間がかかりますが、本人も、はりきゅう治療を楽しみ

にしてくれているので、ありがたい思いです。頑張ります!!

2016年11月27日 (日)

喘息

私の妻がここ数カ月咳が止まらず、風邪のような症状はないので、様子見で

過ごしてきましたが、一向によくならず、喘息のような症状になったので、病院

で診てもらいました。マイコプラズマの心配もないようで、アレルギーを抑える

錠剤と気管支のただれに対する吸入薬を処方されました。

それでも、改善せずでした。

いよいよ、はりきゅうをやろうと。。。

鍼灸院なんだから、すぐ治療できたのに、ゴメンナサイ。(^_^;)

日中は時々咳き込み、特に深夜寝ている時ににひどく出始め、寝てられない状態に。

脉は沈み、力なく弱い感じ。

鎖骨~肩関節周辺や肩甲骨周辺・脊柱起立筋から後頸部の張り、背中の湿疹

身体全体の冷えがみられました。

5日前から毎晩、末娘を寝かし付けた夜に治療開始ー。

結果、初日から深夜の発作的な咳が出なくなりました。

3日目からは、日中の咳も弱くなり、本人もびっくり。

この数ヶ月の苦しみは何だったの?

本治法の他に、おへその下の経穴にお灸、鎖骨周辺、肩甲骨付近に接触鍼。

検脉して終了。

毎晩、治療して、経過観察しています。

とにかく、やり過ぎ(治療量)に注意し、身体全体の気血を巡らすことを目的と

して行っています。

数か月も続いていたので、簡単にはいかないかなと思っていただけに、

改めて、経絡治療の接触鍼の力を実感させられました~。

その他のカテゴリー